2017年9月20日にiPhone、iPadの最新OSのiOS11が配信が開始されました。
早速僕も手持ちのiPhone 6sとiPad Pro 9.7インチにインストールしました。

前々からよく使っていたコントロールセンターがパワーアップしたので紹介していきます。

スポンサーリンク

コントロールセンターのおさらい

まずはコントロールセンターの出し方からおさらいしていきましょう。

ホーム画面やアプリ画面でディスプレイ下から上に向かってスワイプするとコントロールセンターが引き出されます。

iPadではまずDockをだしてから

iPad専用の「Dock」機能が追加されました。Dockを表示するにはコントロールセンターと同じく「下から上にスワイプ」とアクショントリガーが被っています。

ホーム画面ではDockが表示されているので「下から上にスワイプ」で、すぐにコントロールセンターが表示されます。

アプリ内からコントロールセンターを出すには、一度Dockを引き出してから再度「下から上にスワイプ」でコントロールセンターが表示されます。

コントロールセンターをカスタマイズ

コントロールセンターのカスタマイズが可能になりました。ユーザーごとに自分でコントロールセンターを作れるので良いですね。

設定からコントロールセンター、コントロールをカスタマイズを選択

「含める」項目に下記の機能を追加や削除することができます。

  • フラッシュライト
  • タイマー
  • 計算機
  • カメラ
  • Apple TV Remote
  • Wallet
  • アクセシビリティのショートカット
  • アクセスガイド
  • アラーム
  • ストップウォッチ
  • テキストサイズ
  • ボイスメモ
  • メモ
  • 運転中の通知を停止
  • 画面収録
  • 拡大鏡
  • 低電力モード

タイマー設定が小刻みになり使いやすく

3D Touch使っている?コントロールセンターでも使える3D Touch | zak zak zak』内で紹介していますが、コントロールセンターから3D Touchでタイマーなどのショートカットができます。これが便利でよく使っていたのですが、「タイマーの時間の範囲が少ない」という難点を持っていました。

今回のアップデートでかなり設定できる時間が増えたので、使いやすさ抜群になりました。

コントロールセンターを引き出し、3D Touchで「押し込む」


1分からはじまり、5分まで1分刻みに。そして次は10分


15、20、30分


最後は2時間まで設定できるように

短い時間の範囲が増えたので、柔軟に設定できるようなったのでこれからもバリバリ使いそう。

iPadはロングタップ(長押し)でもショートカットが使える

iPadでは3D Touchは搭載されていませんが、「ロングタップ」でショートカットを使えます。

コントロールセンターのAirPlayはミュージック内に

我が家ではAppleTVを使って、AmazonプライムビデオやNetflixなどをTVで楽しんでいます。

けどiOS11になってiPhoneのコントロールセンターからAirPlayしようとしたら、「あれ、どこいった?」状態に。

よく見てみるとあったので、紹介したいと思います。

コントロールセンターの「ミュージック」の右上にこっそり表示されている電波みたいなマークからAirPlay先を選べます。

前みたいにAirPlayは独立しておいて欲しかった…。