どうも、BLKY(@blky3)です。

以前【物欲】2017年内に欲しいモノまとめという記事内で書いていたAcerのKA270HAbmidxというPCモニターを購入しました。ずっと「買おう、買おう」と思っていたましたが、なんだかんだで後回しになっていました。

ついに今回購入、「早く買っておけばよかった」

というわけで今回はAcer KA270HAbmidxを紹介していきます。

良い点

  • 安価
  • フルHDで狭いベゼル
  • スピーカーが内蔵されている
  • 電源が内蔵されている
  • フリッカーフリーやブルーライトカット機能がある

悪い点

  • 台座など見た目がチープ
  • スピーカーの音質は悪い
  • HDMIポートは2ポート欲しかった
スポンサーリンク

外観

ざっと開封からセッティングまでフォトレビュー。


引き出すので一苦労


付属品は台座、電源、D-Sub、DVI-Dケーブル、取説、オーディオケーブル。HDMIケーブルは付属していない


左からHDMI、DVI-D、D-Sub端子が1つずつ


左から電源、オーディオIN、オーディオOUT


正面右下のコントロールスイッチ、1番右が電源スイッチ


組み立てるとこんな感じ


台座はとてもチープ


実際のデスクにセットアップ

動画に適したVAパネル

液晶パネルは基本的に「TN」、「VA」、「IPS」の3種類に分類されます。今回購入したモニターはVA方式のモノ。

VA方式の特徴は締まった黒色を表現でき、コントラストが高いので鮮やかな見え方をします。


正面からはとても鮮やか


少し角度をつけると白っぽくなる


さらに角度をつけてみる


上から、やはり視野角はIPSと比べて狭い

IPSよりも視野角が狭いけど、その分応答速度が早いので動画視聴に向いています。

前のPCモニターは動画を視聴していて、残像が気になることがあったけど、このモニターにしてから残像が気にならなくなりました。

没入感がハンパじゃない狭ベゼル

ベゼルが狭いのは正義。ベゼルが狭い分モニタが宙に浮いているかのように感じました。また普段PCゲームをプレイしたり動画をみたりしているのですが、フルスクリーンで表示させると没入感が本当にすごい!


ベゼルは3mm。画面に5mmほど表示されない部分があり、実質8mm

少し残念なのが画面内にある5mmほどの表示されない部分がある点。ここがなかったら極狭ベゼルでもっと良かったのにな。けど十分狭いし、安価だったので文句はつけられないでしょう。

フリッカーフリー、ブルーライトカット、FreeSyncも

フリッカーフリー(画面のちらつき防止)やブルーライトカット、FreeSyncを搭載しています。

FreeSyncはAMD製GPUのRadeonを搭載したPCでちらつきやティアリングといった現象を抑える機能。残念ながら僕のPCはNvidiaのGeforce 1050Tiを使っているので恩恵はないです。(G-sync搭載の欲しいモニターがなかった)

ブルーライトカット機能も搭載しています、「50%, 60%, 70%, 80%」と調節できます。しかし使用すると結構黄色いので基本的にOFFにして使っています。


ブルーライトカットOFF


ブルーライトON、50%時


ブルーライトON、 70%時

内蔵スピーカーはおまけレベル

内蔵スピーカーは期待して購入するとがっかりするレベル。やはり低音がスカスカで全く迫力がないです、おまけとして考えた方がいいですね。そもそも液晶で内蔵スピーカーに音質を求めてはいけないと思いますが。

動画を視聴する際には別途PCスピーカーを用意しておくべし。ちなみに僕はBOSEのCompanion 2 series IIを7年ほど使っています。

DELLの24インチモニターと比較

今まで使っていたDELLの24インチフルHDのPCモニターと外観などを比較してみます。

モニターサイズは3インチの差があるのに、ベゼルが狭いことで本体サイズが小さくなったのでスペース的にあまり変えた感じはしないです。

それにしてもDELLのモニターがとても野暮ったく見えてしまいますね。


ベゼルが段違いで狭いです

薄さはこんな感じで、あまり変わりはしないかな。

まとめ

少しチープ感があったり、ディスプレイに非表示部分があったりと多少の不満は残るが、2万円以下で鮮やかでサイズ感もちょうどいいディスプレイを買えたので、とても満足。

このディスプレイはVESA規格に対応しているので、これからモニターアームを買って快適なPCライフを送りたいと思います。モニターアームを導入した際にはまたブログで報告したいと思います。