どうも、BLKY(@blky3)です。

僕がメインで使っているスマホのiPhone 6sが使い始めて2年経とうとしています。
最近ではスマホよりiPad Proの方が触っている率が高いので、そこまで重要とはしていないのですが、こんなブログを書いているという事でそろそろ新しいスマホが欲しくなってきました。

iPhone 6sから買い換えるならどれがいいか、気になるスマホの5選を書いていこうと思います。

スポンサーリンク

iPhone X(テン)


まずは同じくiPhoneの次世代モデルのiPhone X(テン)。iPhoneが発売してから10周年のアニバーサリーモデル。
iPhone 3GSから使い始めた僕としては使ってみたいiPhoneです。

最近では主流となったTouch ID(指紋認証)が無くなり、新たにFace ID(顔認証)を搭載、さらにベゼルレスなOLEDディスプレイなど従来のiPhoneとは一線を画すものになっています。

やっぱりどう考えても価格が高すぎる!そこそこのPCや家電が買えてしまうよ!

Apple Online Store: 112,800円(税抜)〜

良い点

  • Face ID
  • ベゼルレス
  • OLED
  • アニバーサリーモデル

悪い点

  • 価格が高い(PC買えちゃう)
  • 落とした時のダメージが怖い

iPhone X – Apple(日本)

iPhone 8 Plus


iPhone 7, iPhone 7 Plusからのデザインを引き継いだ久々のガラス背面のiPhone。iPhone Xや後述するGalaxy S8のベゼルレスなデザインをみてからだと時代遅れな印象を持ってしまいました。

それでも確実なカメラ性能の向上や、iPhone XとA11 Bionic(CPU)など基本性能は同じなのが嬉しい。

Apple Online Store: 89,800円(税抜)〜

良い点

  • iPhone Xと基本的性能は同じ
  • iPhone Xより価格が安い

悪い点

  • iPhone Xと比べるとデザインが古臭く感じる
  • 背面ガラスになったので落下時のダメージが怖い

iPhone 8 – Apple(日本)

Galaxy S8


スマホ歴はiPhone 3GSより前のWindows Mobileからでかれこれ9年近く。
そんな長い期間の中で使ったことがなかったGalaxyシリーズ。

これまでなんとなく避けていたのですが、新しくInfinity Displayの搭載や縦長の18.5:9という変態比率に惹かれるようになってきました。

先日携帯ショップで触ってみたのですが、本当に手の中にディスプレイがあるようで面白い。これからのデフォルトスタンダートになっていくのかな。

Expansys: ¥78,180(2017.10.13時点)

良い点

  • ベゼルレス
  • 値下がりして買いやすくなった
  • SDカードが使える
  • 虹彩認証
  • 18.5:9の縦長比率

悪い点

  • 18.5:9の縦長比率、上部分が操作しにくそう
  • Galaxy Note 7のバッテリー問題でちょっと不安

Samsung Galaxy S8 Dual-SIM SM-G9500 (64GB, Orchid Gray)キャンペーン & スペシャルオファー – EXPANSYS 日本

BlackBerry KEYone Black Edition


以前に『Blackberry Mercuryが気になる』とこのブログでも取り上げていたのですが結局は買わずにいました。
ところが先日RAM(3GB->4GB)とROMをアップデートし、カラーを全面ブラックにした「BlackBerry KEYone Black Edition」として日本でも発売されました。
SoCはミドルレンジのSnapDragon 626と通常のKEYoneと変わらないので大幅なスペックアップではないです。

シルバーの入ったBlackBerryもかっこいいけど、基本的にガジェット類はブラックで統一しているので、とても気になるところ。
日常的にBlackBerryを使っている人を見かけたことがないので、自己満でBlackBerry KEYoneにするのも良いかもと思っています。

ただ、通常モデルよりも約1万円価格が高いのが気になるところ。

良い点

  • ハードウェアキーボードがついてる
  • ほぼ人とかぶらない
  • BlackBerryであること

悪い点

  • スペックにしては価格が高い
  • iPhone 6sと比較して挙動が心配
  • 片手ではタイプしづらい

2017.10.13時点のAmazon.co.jpでの価格は下記の通り

BlackBerry KEYone: 69,165円

BlackBerry KEYone Black Edition: 79,075円

Moto Z2 play


1番気になっているのが、このMotorolaのMoto Z2 Play
ピュアAndroidなROMは、独自のアプリを入れていないのでスッキリしていてとても良い。
以前別シリーズのMoto Gを使ったことがありますが、価格が安いながらもサクサクと動く良いスマホでとても気に入っていました。なのでそれからMotorolaが好き。(他のスマホは買ってないけど)


ZシリーズはMoto Modsと呼ばれるモジュールを背面につけて、色々な機能を付加することができるのが1番の特徴。
Moto Modsは今のところ下記のようなものがあります。

このように自分の好きなモジュールを組み合わせるのはガジェット好きにはたまらない。特に光学ズーム10倍が可能なハッセルブラッドのカメラモジュールなど。

しかし公式からはご覧の通り発売している種類が少ない、サードパーティも盛んになると面白いのだけれど。日本ではイマイチ人気がないのでどうだろうか。

Moto Mods Landing Page | Motorola

良い点

  • ピュアAndroid
  • 後付けモジュールMoto Modsが魅力的
  • 5万を切る価格

悪い点

  • Moto Modsを揃えると結構いい金額になってしまう
  • 現状Moto Modsの種類が少ない
  • カメラがめっちゃ出っ張ってる
  • 薄すぎて持ちにくそう

Amazon.co.jp: 49,766円(2017.10.13時点)

まとめ

買い替え候補として現状で気になるスマホをまとめてみました。
まとめてみて思ったのがiPhone Xは買わない。やはり価格が高すぎる。
価格的にも良さそうなのはMoto Z2 Playだけれど、Moto Modsを揃えると中々の価格になるので悩ましいところ。