どうも、BLKY(@blky3)です。

今回は、先日公開した『休日の朝に食べたいフリッタータ』と合わせて作りたいトマトソースを紹介したいと思います。
これを作ればパスタやチキンステーキなどに合わせたりもできるので、ぐっと料理の幅がでると思います。

そして適度な酸味と深みのあるトマトソースの作り方のコツも合わせて紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

材料

個人的にローリエより、バジルをいれるのが好み。

材料 数量
にんにく 1/2片
玉ねぎ 1/2個
ローリエ or バジル 1枚(ローリエ), 5枚(バジル)
トマトホール 1缶
ブイヨンキューブ 1個
300ml
ひとつまみ
砂糖 ひとつまみ

作り方

1: 鍋に水300mlとブイヨンキューブをいれ、沸騰させます

2: にんにくを包丁の腹でつぶします

3: 玉ねぎをみじん切りにします

4: トマトホールをボウルなどにあけ、フォークでつぶします。ヘタを取っておくとエグミがなくなります

5: 鍋にオリーブオイルとにんにくをいれ、弱火にかけます

6: にんにくが色づいて香りがでてきたら、ひとつまみの塩をいれて玉ねぎを弱火で炒めます。

7: 玉ねぎがしんなりとして、水分がなくなってきたらトマトホールとローリエをくわえます

8: 1で作ったブイヨンをくわえ弱火で煮ます

9: これぐらいまで水分をとばします、途中焦げ付きそうならヘラなどで混ぜてください

10: 網などでソースをこします

11: ひとつまみの砂糖をくわえます、さらに塩胡椒で味を整えます

完成

ポイントは砂糖をくわえること。
砂糖をいれることによって、味に深みがでてトマトの適度な酸味が引きたちます。かなりプロの味になるかと。

いれすぎるとただ甘いソースになってしまうので、少しづつ味見しながらくわえてください。

このソースでオムライスにかけても良し、チキンステーキにかけても良し、パスタと和えても良しと万能に使えるので是非時間があるときに作ってみてください。