AirPodsをペアリングした時「”Apple IDに登録された名前”のAirPods」みたいな感じに自動でAirPodsに名前がついてしまいます。

今回はそのAirPodsについた名前の変更と、デフォルトでSiriが設定されているダブルタップの動作の変更について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

iOSでの変更方法

設定から”Bluetooth”を開き、AirPodsと接続します。接続されたAirPodsのiマークをタップします。接続されていないと編集できないので注意
すると「名前、ダブルタップの挙動、自動耳検出、マイク」の項目が表示されます。

編集をして”完了”をタップして編集完了です。完了をタップしないと変更できないので注意です。

左右のイヤホンに割り当てられるダブルタップの動作、マイクの割当てはこんな感じ。
続いてMacでの変更方法です。

Macでの変更方法


設定からBluetoothを開き、AirPodsと接続します

接続されたAirPodsのところを右クリック

すると「名称変更、削除」が表示されるので名称変更をクリックして名前の編集ができます

オプションからはiOSと同じく「ダブルタップ、マイク、自動装着」の設定ができます。

まとめ

自動でAirPodsの名前がついて変えたかった人やダブルタップがSiriではなく次のトラックなどスキップなどを設定したかった人もいるかと思うので記事にしてみました。
この記事が参考になれば幸いです。