Xperia X Compactを1ヶ月使ってみて良かったところ悪かったところ

どうも、BLKY(@blky3)です。
総合的にメインスマホをiPhoneからXperia X Compactに乗り換えて1ヶ月経ちました。
毎日使っていて良かったところ、悪かったところを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Xperia X Compactを1ヶ月使って分かった良いところ

まずは良いところから。

コンパクトな本体

5インチ以上が主要なスマホの中で、Xperia X Compactは4.6インチでコンパクトな端末。
かといって小さすぎずで手に収まる感じが丁度良いです。

Xperia X Compactは高さ129mm、幅65mm、厚さ9.5mm。
対して乗り換え前に使っていたiPhone 6sは4.7インチのディスプレイで高さ138.3mm、幅67.1mm、厚さ7.1mm。

厚さはXperiaのが厚いですが、その分薄すぎず握りやすくなっています。

バッテリーが長持ち

公称では「3日以上の電池持ち」と言われている。

私は普段ブラウジング、カメラ、クラッシュロワイヤル(ゲーム)、LINE、Twitter、Lifelogを使っている。

実際に使ってみると、最初の1週間くらいは1日半の持ちから、私の使い方を学習したのか2日はバッテリーが持つようになりました。(上の画像では少し充電時間していますが)

RAMが3GBでサクサク

Xperia X CompactはRAMは3GB、サクサクでバックグラウンドで動いているアプリがタスクキルされていることががあまりありません。
ブラウジングしつつ、マップ開き、メモしたりと複数アプリをガンガン使えます。

Xperia X Compactを1ヶ月使って分かった悪かったところ

皆さんが知りたいと思う悪かったところ。

プラスチック筐体

多層によるコーティングで陶器のような光沢感を表現してはいるものの、メタル筐体のXperia XZと比べると安っぽさは否めない。

プラスチック+光沢感のボディは私が購入したのかミストブルーではあまり目立たないが、
ブラックは指紋が目立つと思う。

よく見なければ分からないのだが、すぐ擦り傷がつく
私はスマホは裸派なのだが、気になる人は一緒にケースを購入して開封と同時に装着した方が良さそうです。

カメラにバースト(連写)がない

iPhoneではシャッターを押し続けると連写され、シャッターチャンスを逃しにくいです。
しかしXperiaでは押し続けると、フォーカスロックされ連写はされません。
私は連写を多用していたので、ここはイマイチなポイントでした。

タイムシフト連写

厳密には連写機能はあります、シャッターを押した前後61枚を撮る機能です。

問題はGoogle Photosへのアップロードでした。
iPhoneのバースト写真では1枚の写真として扱われるのですが、タイムシフト連写では61枚がそれぞれ別の写真として扱われるので、数回撮っただけでギャラリーが埋め尽くされてしまいます。
ですので基本的に連写は使わない事にしています。

まとめ

購入して1週間使ってからも書きましたが、1ヶ月使ってみても買って良かったと言えるスマホでした。
これからXperia X CompactはAndroid7.0のアップデートの配信が予定されているので楽しみ。アップデートが開始されたら、Android7.0の報告もしたいと思っています。

Xperia X CompactにオススメのUSB-Cケーブル

スポンサーリンク

シェアする

フォローする