AndroidのファイラーはSolid Explorerで決まり!

どうも、BLKY(@blky3)です。
私は自宅では「DS215j」というNASを使っています、そのNASとスマホを接続したい為に、SMB、SFTP接続をできるものを条件にファイラーアプリがを探していました。
そして「Solid Explorer」に行き着いたので、ご紹介します。

どうも、BLKY(@blky3)です。 NAS(ネットワークストレージ)の「DS215j」を購入してから1年経…
スポンサーリンク

Solid Explorerの特徴

Solid Explorerはの特徴は以下になります。

  • モダンで綺麗なデザイン
  • 様々な接続サービスが利用できる
  • 2つの独立パネル
  • 端末内のメディアファイルにすぐアクセスできる

もちろんファイルの圧縮、解凍も可能です。

モダンで綺麗なデザイン

まず目を引くのがモダンで綺麗なデザインでした。
他のアプリがよりも綺麗にデザインされており、使っていて気持ちがいいです。

テーマ変更、主要なカラー、アクセントカラーの選択、アイコンの変更等の自分の好みにも設定が可能です。

様々な接続サービスが利用できる

ローカルネットワーク以外にもクラウドサービスとの接続も可能です。
主要なGoogle Drive、Dropbox、OneDriveなど約12種類にもわたります、一覧を下記にリストアップします。

  • Google Drive
  • Dropbox
  • OneDrive
  • LAN / SMB
  • FTP
  • SFTP
  • WebDAV
  • Yandex
  • Owncloud
  • Box
  • SugarSync
  • MediaFire
  • 他のダウンロード(拡張)

Amazon S3やMEGAなどに接続するプラグインが別途用意されていて、購入すると使えるみたいです。

2つの独立パネル

これが1番の特徴、2つの独立されたパネルが用意されています。

アプリを開くと1つ目のパネルが開かれています。
画面の真ん中から右にフリックすると2つ目のパネルに移ります。
独立しているので、それぞれ別のフォルダが開けます。

このパネルを使えば、普通のファイラーでは行ったり来たりのファイル操作が簡単にできます。

デモ

ファイルのコピー元、コピー先をパネルで開いておきます。

コピーしたいファイルの左のアイコンをタップ、あるいはファイル名を長押しで選択

右下の矢印のアイコンをタップ

コピーあるいは移動を選択したら完了


ちなみに横向きにするとパネルが2つ同時に表示される。

端末内のメディアファイルにすぐアクセスできる

画像、動画、音楽、アプリを端末からスキャンをして、それぞれのフォルダにすぐにビューワーアプリの様にアクセスできます。

まとめ

いかがでしたか?
フリーのアプリでもいいのですが、かゆいところに手が届かなかったり、セキュリティが不安なものもあります。
Solid Explorerは有料ですが14日間のトライアル期間が設けられていて、購入前に試せるのが嬉しいですね。是非お試しを!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする