どうも、BLKY(@blky3)です。

ついに満足できるUSB-Cハブを手に入れました!

MacBook Pro Late 2016と一緒に買った、Apple純正の「USB-C Digital AV Multiportアダプタ」と、「N.Oranie Type C & USB-A & Micro USB カードリーダー」は、MacBook Proのポート間が狭くて同時に使えませんでした。

【2016】新型MacBook ProのThunderBolt3変換アダプタ、カードリーダー選びに注意

そこで新しくdodocoolの7in1 USB-Cハブを購入したのでレビューいたします。

スポンサーリンク

dodocool 7in1 USB-Cハブのスペック

  • USB-C x 1
  • HDMI(4K) x 1
  • USB-A(USB3.0) X 3
  • SDカードスロット x 1
  • TFカードスロット(MicroSD) x 1

計7つのポートが使えます。
USB-Cポートは充電用ポートでデータ転送はできません。

開封


パッケージ。最近はどこもシンプルなパッケージですね。


USB-Cハブと取扱説明書だけです。


上から、シルバーのMacに良く合いそうな見た目です。


下面


左からUSB-C、HDMI、USB-Aポート。


反対側。左上からMicroSDカードスロット、SDカードスロット、USB-A x 2です。

Apple AV Multiportアダプタと比べてみた


左:USB-C Digital AV Multiportアダプタ、右:dodocool 7in1 USB-Cハブ

Apple AV Multiportアダプタと比べると、さすがにコンパクトさでは負ける。
しかし、SDカードスロット、USB-Aが3ポートついてるので拡張性を考えたら、十分コンパクトで持ち運びにも便利そうだ。

実際に使ってみた


MacBook Pro Late 2016に接続。
接続するとSDカードスロット横のランプが、点灯して通電しているのがわかる


まずは、HDMIポートのみを挿してみる。うん、使えるね。


次は、HDMI、SDカード、USB-A(MIDIキーボード)の計3つを同時に挿してみる。思った以上に普通に使えてビックリしています。


ちなみに純正のApple USB SuperDriveは電力が足りないと警告がでて使えなかった
SuperDriveはAppleのUSB-C Digital AV Multiportアダプタでなら使えます。


USB-C Digital AV Multiportアダプタも同時に使えます。

使用時は、ほんのりと温かいなくらいに発熱します。フルに使っても、すごく熱くなるということはなさそう。

まとめ


向かって奥側にHDMIや電源ポート手前側にUSB、SDカードスロット等のよく使うポートが配置されてあり、使い勝手も考えられている商品で本当に買って良かった。

あえて不満点をあげるなら、カラバリがないこと
他のメーカーのUSB-Cハブはスペースグレイや、ゴールド等のカラバリがあって、カラバリの増えたMacBookに合わせられるので統一感がだせる。

前回失敗したアクセサリ選びは完結になりました。
これでモニタを繋げながら、SDカードを使ったり、USB機器を使ったりできるね。
MacBookとMacBook Pro Late2016 13インチは「dodocool 7in1 USB-Cハブ」を買っとけば間違い無し。

2017.01.20現在の価格はAmazonでdodocool USB-Cハブは4,599円
以前にチェックしていたHootooのUSB-CハブはAmazonで7,699円と、3,000円以上も違うので価格面からも考えても、かなりオススメ。