【標準機能】オススメ!Macで設定すると便利なTIPS

どうも、BLKY(@blky3)です。
今回は、私がMacをセットアップする際に、設定しておくと作業が捗るオススメのTIPSを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

トラックパッドの設定

通常トラックパッドでクリックするには、押し込まなければなりません。
Macのトラックパッドではスマホ操作で馴れている「タップ」をクリックにする設定ができます。これによりトラックパッドの操作が快適になります。そしてカチカチと音をださずに操作できるので、静かな環境でトラックパッド操作が可能になります。

では、設定を見てみましょう。


1.システム環境設定の「トラックパッド」を開きます。


2.「タップでクリック」項目にチェックをいれます。

ついでにドラッグ操作も便利な設定があるので、ご紹介します。
ドラッグ操作は、通常クリックし続けなければ出来ません。
しかし下記の設定をすると、ウインドウやファイルをダブルタップでドラッグすることができます


1.システム環境設定の「アクセシビリティ」を開きます。


2.左の項目の「マウスとトラックパッド」の「トラックパッド」設定を開きます。


3.「ドラッグを有効にする」にチェックをいれます。

ファイアウォール

内部から外部、外部から内部への通信を制御する機能です。
公衆無線LANなどのサービスを使う場合などは設定しておいた方が良いです。


1.システム環境設定の「セキュリティとプライバシー」を開きます。


2.ファイアウォールタブを開き、左下の鍵マークをクリックしてロックを解除します。


3.「ファイアウォールを入にする」をクリックします


4.ファイアウォール:入になっていれば完了です。

ホットコーナー

意外と知られていない?設定で、Macの画面の4隅に機能を割り当てる機能です。マウスポインタを設定した4隅に持っていくだけで、「Launchpad」、「Mission Control」、「ディスプレイの切」等の操作が簡単にできます。

1.システム環境設定の「Mission Control」を開きます。

2.左下の「ホットコーナー」を開きます。

3.4隅それぞれに機能を割り当てることができます。(上の画像は私の環境です)

割り当てる機能一覧。割り当てたら完了です。

私が右上に割り当てている「デスクトップ」とは、そのままですがデスクトップを表示させます。

ブラウザやFinderといったアプリケーションを使用していると、デスクトップ上にウインドウが表示されます。その間に右上にマウスポインタを持っていくと、ウインドウ上部に格納されデスクトップが表示されるようになります。もう一度右上にポインタをもっていくと、ウインドウが元に戻ります。

例えば、下記のケースで重宝しています。


ブラウザ上のGoogleドライブに、デスクトップ上にあるファイルをドロップしてアップロードをしたいケース。しかし、ウインドウが邪魔でファイルが見えない状態。

そこでこのホットコーナーの「デスクトップ」を使うと、ウインドウを動かさずにドロップすることができます。

設定したコーナーにマウスポインタを持っていき、デスクトップを表示させます。

ドロップしたいふぁいるをファイルがドラッグし、もう一度設定したコーナーにポインタを持っていきます。

ウインドウが元に戻るので、ブラウザ上にドロップすることができます。

Finderの設定

新規ウインドウは初期設定で「マイファイル」になっていて、使い勝手が悪いのでユーザーフォルダに設定しておくと「ミュージック」、「書類」といったフォルダにアクセスしやすいのでオススメ。

ブックマークのサイドバーも不要な項目を外したりすると、見やすくなるので設定しておくと良いと思います。

1.デスクトップ上を一度クリックしFinderを最前面にします、左上のFinderメニューの「環境設定」を開きます。

  1. サイドバータブを開きます。お好みでサイドバーに表示させる項目にチェック、またはチェックを外します。


3.一般タブの「新規Finderウインドウで次を表示」でお好みのディレクトリに設定します。

まとめ

いかがでしたか?地味ですが、どれも設定しておくと日常の操作が捗るのでオススメです。特に「ホットコーナー」の設定は、あまり知られていないので皆さんに使ってもらいたい機能です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする