どうも、BLKY(@blky3)です。
前回、はてなブログからWordpressへ移行したと記事にしました、今回は「はてなブログ(独自ドメイン)からXserver x WordPressへの移行方法」を書いていきます。

はてなブログからXserver x WordPressに乗り換えた話

はてなブログで独自ドメインを既に使っていたので、これまでのURLを変えないで移行するので少し手順が多いです。

それではいってみましょう。

スポンサーリンク

はてなブログから記事のバックアップを取得

まず、はてなブログから今までの記事データを抽出します。


はてなブログのダッシュボードの設定内の詳細設定を開きます


詳細設定下部のエクスポート欄、記事のバックアップと製本サービスを開きます


”ブログ名”をエクスポートするボタンをクリック


エクスポート終了後、ファイルをダウンロードして完了です

Xserverで初期サブドメインにてWordpressを開設する

いきなり独自ドメインにてWordpressを開設しても良いのですが、設定している間ブログが見れなくなってしまいます。
その前にXserverの初期サブドメインにてWordpressを開設後に設定を施してから、ドメインを移動した方が良いでしょう。


Xserverのサーバーパネルにログインする


ホームページ欄の自動インストールをクリックします


初期のサブドメイン(***.xsrv.jp)を選択します


プログラムのインストロールタブのインストール設定をクリックします


インストールURL、ブログ名などの項目を入力します。
ユーザー名、パスワードはWordpressにログインする際に必要なので、メモかパスワードマネージャーで管理してください。
データベースについてよくわからない方は自動インストールを選択


入力した項目を確認後、インストール(確定)をクリックでインストール完了


記載のURLでWordpressにログインします

はてなブログからエクスポートした記事をWordpressでインポートする



WordPressにログイン後、左メニューバーのツール内のインポート、Movable TypeとTypePadのインポートツールをインストールします


ファイルを選択で「はてなブログからエクスポートしたファイル」を選択、ファイルをアップロードしてインポートする


ユーザー名をはてなブログから変えた場合は割り当てます


記事数が多い場合は時間がかかるので、インポート完了するまでじっと待ちます

パーマリンク(URL)設定


はてなブログでのパーマリンクは上記のものになっています。
多くの人がそのまま使っているのではないでしょうか?

WordPressにて同じURLを記事ごとに割り当てる必要があります、そこでCustom Permalinksプラグインにてパーマリンク設定をします。


左メニューバーからプラグインの新規追加をクリック



検索バーから「Custom Permalinks」を検索し、インストールします


インポートしたブログ記事を1つずつ、はてなブログでのパーマリンクを設定していきます。
記事数多い方は地道に頑張りましょう、検索エンジンのインデックスをリセットしないために!

ドメインのネームサーバーをXserverに割り当てる

ドメインをXserverで使用するために、ネームサーバーをXserverに割り当てます。

バリュードメインでの例

ドメインを別会社で取得していた場合もやることは、同じなので各会社のヘルプを参照して行ってください。


バリュードメインのコントロールパネルにログインし、上記の画像のドメイン管理に移動します


登録済みドメイン一覧をクリック


使用するドメインのネームサーバーをクリック


ネームサーバーをそれぞれ入力します。

ネームサーバー1 ns1.xserver.jp
ネームサーバー2 ns2.xserver.jp
ネームサーバー3 ns3.xserver.jp
ネームサーバー4 ns4.xserver.jp
ネームサーバー5 ns5.xserver.jp

はてなブログへ向けてたDNSレコードも削除しておきましょう。

ドメインをXserverに追加する


Xserverのサーバーパネルにログイン、ドメイン設定を開きます


ドメイン追加設定タブでドメインを入力し追加します

追加したドメインのフォルダにWordpressデータを移行

FTPソフトでXserverにログインすると、追加したドメインのフォルダが新しく作成されています。そこに、事前にサブドメインにインストールしたWordpressデータを移行します。



FTPソフトでサブドメインフォルダにアクセス、public_htmlフォルダを開きます。
ブログ名のフォルダをローカル(PC)へコピーします。


追加したドメインフォルダのpublic_html内にローカルにコピーしたフォルダをアップロードします。
元々ある「default_page.png」、「index.html」は削除します。

この時点でURLを開いても、DNSにドメインの設定が行き渡るまで1日、2日かかるので、Wordpressページが表示されるまで時間がかかります。

サイトURLを変更

WordPress内の設定のサイトURLが移行前のサブドメインになっているので、ここも直します。


左メニューバーの設定の一般設定を開き、追加したドメインに変えます。

WordPressアドレスはWordpressフォルダのパス、サイトアドレスはブログを表示するURLになります。

詳しくは、こちらを参照するとわかりやすいです。

WordPressアドレス(URL)とサイトアドレス(URL)を別にする方法 – weluka team

無事に表示されたら、インストールに使ったサブドメインのWordpressフォルダを削除して完了です。

まとめ

長かったですが以上です。
これから、はてなブログからWordpressに移行する人の参考になればと思います。

リアルでもウェブでも引っ越しは辛いもんですね。

それでは良いWordpressライフを!