どうも、BLKY(@blky3)です。

3月に入り、なんかあっという間にホワイトデーが近づいてきました。

そこで今回は、コーヒー好きな女性へのチョコのお返しにビスコッティというお菓子を作ってみます。

ビスコッティというのは、イタリアのトスカーナが発祥のお菓子。
ビスが2回、コッティが焼いたという意味で、その名の通り2回焼くお菓子なんです。  

2回焼くことで、水分を飛ばしてカチッカチに仕上げている。
ビスコッティという名前の他に、カントゥッチ、カントッチョと呼ばれています。
かの有名なサイゼリヤでも、メニューの中に入っていました。

すごく固いのでコーヒーなどに浸して食べるのが通例。
なんとイタリア人の朝ごはんは、ビスコッティとコーヒーだけの人もいるとか。

早速材料、作り方をみてみよう。

スポンサーリンク

材料

  • 薄力粉…..120g
  • ベーキングパウダー…..1g
  • 卵…..1個
  • サラダ油…..12g
  • グラニュー糖…..40g
  • ローストアーモンド…..40g
  • 強力粉(打ち粉)…..適量

作り方

1.オーブンを180度に予熱しておく。


2.アーモンドを軽く刻んでおく。ざっくりね。

3.薄力粉とベーキングパウダーをザルなどでふるっておく。


4.ボウルに卵、グラニュー糖、サラダ油を入れ混ぜ合わせる。

5.3に2の粉を入れ、ヘラなどで切るように混ぜる。

6.混ざってきたら、アーモンドを入れ粉気がなくなるまで合わせる。  
生地を弾力のあるものにしてしまうグルテンが出来てしまうので、あまりこねすぎずに。

7.クッキングシートに打ち粉をまぶして、5の生地をフランスパンのように成形する。

8.オーブンで20分加熱する。段があるなら、下段に入れてください。

9.20分後オーブンから取り出し、粗熱が取れたら1.5cm幅にカットする。

10.カット面を上にして、クッキングシートに並べる。150度のオーブンで片面12分ずつ焼いたら完成。なるべくカッチカチになるまで焼いてください。

完成

歯が弱い人はこのまま食べたらダメージを負うほどに、水分が飛んですごく固いクッキーになったと思う。
ちなみに保存期間は1週間くらいは常温で日持ちします。

前述の通りコーヒーなどに浸して食べると美味しいので、コーヒー好きなあの子へのチョコへのお返しにいかがでしょうか?