【iPadだけで】XserverにownCloudをセットアップ#01 下準備編


どうも、BLKY(@blky3)です。
このブログはレンタルサーバーのXserverのX10プランで運用しています。
X10プランでは200GBのストレージが割り当てられていて、ブログ運営のみでは持て余してる状況でした。

メールや他のサイトを運用する予定もないので、思い切ってownCloud(自分専用のクラウドストレージ)を作ってみることにしました。

今回は下準備編ということで#1を書いていきます。

スポンサーリンク

ownCloudとは


ownCloudとはDropboxやGoogle Driveといったクラウドストレージのオープンソフトウェア版です。

サーバーにインストールするownCloud Serverと、PCやスマホ(Windows, Mac, Linux, iOS, Android)からアクセスするクライアントソフトが提供されています。

ownCloudの良いところ

容量はサーバーストレージの上限まで

Dropboxは通常で2GBの容量をもらえますが、はっきりいって2GBだと少なすぎ。
しかしownCloudではインストールするサーバーの容量分まで使用することが出来ます
つまり、今回は私のケースですとX10プランの最大200GBまで使えることになります。

Dropboxライク

ownCloudはDropboxライクに使えます。
Dropboxからの乗り換えも迷わずにできる、そしてファイルバージョン管理や暗号化も無料でできるのが嬉しいところ。

ownCloudの悪いところ

自分でインストール、設定をしなければならない

オープンソフトウェアなので基本的に自分でデータベースやインストール設定をしなければなりません。
また、トラブルが起きた場合も自分で対処することになります。

モバイルアプリは有料

ソフトウェア自体が無償なのでお布施と思って買いましょう。

ownCloud
Price: ¥120
ownCloud
Developer: ownCloud GmbH
Price: Free

XserverにownCloudをセットアップ

PCからセットアップしてもいいのですが、それだとつまらないので(そんなことない?)、今回はiPadだけでownCloudをセットアップしてみたいと思います

セットアップ環境

  • サーバー(Xserver X10)
  • iPad Pro 9.7
    • Safari
    • Termius(SSHクライアント)

セットアップ手順

TermiusでSSH用の公開鍵を作成



1.Keychainを開き右上のプラスボタンからNew Keyを作成


2.Passphrase(パスフレーズ)を設定し右上のSaveから保存します

XserverにSSH公開鍵を設定


1.先ほど保存した公開鍵をEditで選択します



2.下にスクロールしてPublicの方をコピーします


3.SafariからXserverのサーバーパネルにログインします


4.SSH設定から公開鍵登録・設定から公開鍵をペーストし登録し
ます

ホスト設定と接続テスト



1.TermiusでHostsから新しくXserverを登録します


2.以下の項目を入力してSaveします

  • Alias: xsrv
  • Username: example(XserverのID)
  • Hostname: example.xsrv.jp
  • Port: 10022
  • Key: 先ほど保存した公開鍵


3.登録したホストをタップして、公開鍵作成時に入力したパスフレーズを打ち込み接続されればOK

データベースの設定


1.XserverのサーバーパネルにログインしてMYSQL設定を開きます


2.MYSQLユーザーを追加します、MYSQLユーザーID、パスワードを設定を入力


3.MYSQL追加します、データベース名を入力(文字コードはUTF-8のままでOK)



4.3で作ったデーターベースに、2で追加したユーザーアクセス権を追加

まとめ

今回はownCloudの概要から、下準備編としてSSH設定、データーベース設定をしました。
そして次回はownCloudをサーバー上でダウンロードしてセットアップしていきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする