PCゲーム用にXbox One ワイヤレスコントローラーを購入

どうも、BLKY(@blky3)です。

Windowsでゲームする時のパッド(コントローラ)はPS4のDUALSHOCK4を使っていました。

私の環境ではPCで使うにはDUALSHOCK4をPS4とペアリングを解除させたりと一手間が必要だったため、PCゲーム用にゲームパッドを購入しました。

購入したのはMicrosoftが開発しているコンシューマーゲーム機のXbox One ワイヤレスコントローラー以下箱1コン)です。

スポンサーリンク

Xbox One ワイヤレスコントローラーの外観

実際に使ってみて

DUAL SHOCK4と比べて思ったのは以下の通り。

良い点

  • 握りやすい
  • ボタン配置
  • 見た目
  • Windowsとの親和性

悪い点

  • 少し重い
  • ボタンを押した時の音が大きい
  • バッテリーではなく電池式
  • 電池の残量がわからない

Microsoft謹製のコントローラーなのでWindowsPCとの親和性が良い

DUALSHOCK4はタッチパッドなど独自の機能を持っており、PCでは完全な状態で使うことができません。
その点箱1コンはMicrosoftが開発しているためWindowsPCとの親和性が高いです。

例えば私が今しているゲームの「DmC」のパッドのボタン設定画面です。箱1コン、DUALSHOCK4をそれぞれ接続した状態でのスクリーンショットを撮ってみました。

こちらはDUALSHOCK4を接続した状態。
ボタンが1234…とパッドの表示と違っていてどれを設定しているかわかりにくいです。

比べてこちらは箱1コン。
パッド側と設定画面の表示が同じで、どれを割り当てているか一目瞭然です。

形状やボタンの配置が絶妙

箱1コンはDUALSHOCKと比べてふっくらとしていて、握った時に包み込む様なイメージ。
とても握りやすい印象。

個人的に見た目は箱1コンのがカッコいいと思います。

私はLRボタンは基本人差し指で押します。なのでLRボタンが密着していてDUALSHOCK4より押しやすいです。さらにLT、RTボタン(DUALSHOCKでいうところのR2、L2ボタン)がDUALSHOCK4よりもカーブしており、これまた押しやすい。

スティックと十字キーがDUALSHOCK4とは逆の配置なっています。個人的に上にスティックがあった方が操作しやすいなと思いました。

バッテリー内蔵ではなく電池式

箱1コン、DUALSHOCK4共にBluetooth内蔵です。PCがBluetooth対応していればワイヤレスで接続ができます。

ワイヤレス対応ということで当然パッドには電気が必要です。
DUALSHOCK4ではバッテリー式でMicroUSBを接続して充電できます
それに対して箱1コンは単三電池2本を使用します

やっぱり電池を交換など面倒なのでバッテリー内蔵で充電式にしてほしかったなと思います。

PCにBluetoothが内蔵されていなくても、下記のようなBluetoothアダプタを使用すればワイヤレスでパッドを使うことが出来ます。

※現在新型と旧型の2種類があります。Bluetooth対応は新型の箱1コンです。旧型だと専用のワイヤレスアダプタが必要になるので注意してください。
AmazonだとBluetooth対応、ワイヤレス、有線とバリエーションがあるので、Bluetooth対応を選んでください。

バッテリー残量がわからない

DUALSHOCK4ではバッテリー残量が少なくなってくるとライトバーが点滅して知らせてくれます。
箱1コンは特にそのような機能はないようで、切れるまでわからない模様です。

ワイヤレスでゲームプレイ中にバッテリーが切れるとゲームが中断されるので、DUALSHOCK4のように事前に知りたいものです。

まとめ

総じて箱1コンは握りやすく使いやすいので買ってよかった。
WindowsでもXboxゲームがプレイできるようになっているので、親和性が高いのがかなり嬉しいところ。ボタン設定がわからないのは苦痛。

PCゲーム用にパッドを購入予定ならコレを選んで間違いはないと思う。

夏のセールで購入したゲームを箱1コンでガシガシとプレイしていきたい。