最近メインPCを自作PC(デスクトップ)にスイッチしました。私は基本デスクトップPCでは、スリープではなく長い時間使わない場合は毎回シャットダウンしています
そこでデスクトップPCをつけるまでのない、ちょっとした作業(SSH、テキスト入力,etc…)などを行うサブPC用に12インチ MacBook 2017が欲しくなりました。

今回の2017年モデルは性能がかなり上がったようで、これまでのMacBookは性能が低くて遅いイメージをもっていまして買うのを断念していました。最近フルカスタマイズすると下位の13インチ MacBook Pro 2016のCore i5 モデルに匹敵すると話を聞いた私は悶々とした日々を送っています。

— 追記 —

結局買っちゃいました。

サブPCに12インチ MacBook 2017を購入

スポンサーリンク

12インチ MacBook 2017

今のシリーズとして12インチ MacBookが発売されたのは2015年のこと。薄くて軽い筐体にCoreMという消費電力や発熱も低いCPUを搭載してファンレスのノートPCとして話題に。その分マシンパワーが低いので賛否両論でした。

かくいう私も否定的な意見でした。当時はメインPCにMacBook Proを使っており、言ってしまえばどこにでも持ち出せるため1台でまかなえる状況でした。このブログも開設していなく、外で作業することも少なかったコトもありますが。

そして今回の2017年モデルからCPU、ストレージに加えてRAMも8GBから16GBへとカスタマイズできるように。またSSDも高速化されたので、今年の2017年モデルはかなりの性能になっているとのこと。

このことを踏まえて欲しい理由、悩んで言う理由が以下。

まず欲しい理由

  • メインPCがデスクトップ機に変わったため
  • 現行モデルで一番薄くて軽いMacを使ってみたい
  • 現モバイルのiPadでは作業が辛い場面が多い
  • MacBook Air 11インチ持っているけど、2010年モデル

悩んでいる理由

  • 2016年モデルより約2万円値上げ
  • 言うほどモバイル機がいるのかどうか

現モバイル端末のiPad Pro 9.7

今はiPad Pro 9.7+SmartKeyboardでブログ更新作業などをしています。SmartKeyboardはペアリングの必要がないし、SmartCoverのようにつけるだけでハードウェアキーボードが使えるのでかなり気に入っています。

さらにiPadでの画像編集はかなりパワフルに。以前に紹介したAffinity Photo for iPadなどのデスクトップ級の編集が可能なアプリが続々とリリースされてます。

けれども大量の画像編集はiPadだとできなくもないけど辛い
タブレット(iPad)とPCを同じものとして考えるものではないと思いますが、やはりMacのが出来る事は多いので魅力的。

Affinity Photo for iPad – 写真の切り抜きの方法

価格が2016年モデルより上がっている

円安の影響もあり、昨年の2016年モデルより価格が約2万円ほど引き上がっている。
ちなみにUSストアでは値段は昨年と据え置きの模様。安倍さん勘弁してくれ。

CPU SSD 2016 2017
m3 256GB ¥128,800 ¥142,800
m5 / Core i5 512GB ¥158,800 ¥175,800
m7 / Core i7 256GB ¥153,800 ¥170,300
m7 / Core i7 512GB ¥173,800 ¥192,300

まとめ

表面だけみたら2016年より約2万円ほど値上げされているが、マシンパワーも底上げされているようです。
2017年のm3モデルが2016年のm7モデルに匹敵するほどのパワーとのこと。そう考えると、2017年モデルのが約11,000円ほど安いことになります。
あぁ悩ましい…。